忍者ブログ

Lubricate us with mucus. ──2nd season 飛翔編

   Be fierce as fire is fierce.

( ゚Д゚)<何も共有できない

「夏のあまりに長い夕暮れは、日がなんとゆっくり沈むことだろう。青白い幻影のような向かいの家は、果てしなく、空を背景にしていつまでも消えぬ白い水彩画を描き続けていた。ついに建物のなかに夜が来る。私は控えの間の家具にぶつかったが、階段に通じるドアは、私が考えていたようにすっかり闇に溶け込んでいるのではなくて、中央に嵌められたガラス部分が半透明で青く浮かび上がっていた。それは花の青か昆虫の羽の青色をしていて、もしそれが鋼鉄のように鋭利な光の最後の反映であり、疲れを知らぬ残忍さで日の光が私に与えるとどめの一撃であることに気がつかなかったら、ただ美しい青だと思ったことだろう。」
(プルースト『消え去ったアルベルチーヌ』)
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
trounoir
性別:
非公開

P R