忍者ブログ

Lubricate us with mucus. ──2nd season 飛翔編

   Be fierce as fire is fierce.

記事一覧

■001 ( ゚Д゚)<幸福になる気がまるでない
■002 ( ゚Д゚)<ツッパらない HIGH SCHOOL ROCK'N'ROLL
■003 ( ゚Д゚)<凡て信仰によらぬことは罪なり
■004 ( ゚Д゚)<許すことの再定義
■005 ( ゚Д゚)<角を矯めて牛を活かそう
■006 ( ゚Д゚)<孤独を紐帯に変えるために
■007 ( ゚Д゚)<エディプスの猿
■008 ( ゚Д゚)<信仰の仮面をつけて
■009 ( ゚Д゚)<思春期未満
■010 ( ゚Д゚)<思春期以降
■011 ( ゚Д゚)<「愛」という外来語
■012 ( ゚Д゚)<足掻きをやめるための足掻き
■013 ( ゚Д゚)<失愛のプロ
■014 ( ゚Д゚)<世界の美しさだけを信じていた頃の俺は何処へ?
■015 ( ゚Д゚)<文学青年テンプレート
■016 ( ゚Д゚)<meta-verity
■017 ( ゚Д゚)<恋の気配
■018 ( ゚Д゚)<愛だけが残る
■019 ( ゚Д゚)<傷だけが説得力を持つ
■020 ( ゚Д゚)<さっさとロックンロール
■021 ( ゚Д゚)<人生サボらない
■022 ( ゚Д゚)<I wish God be with you
■023 ( ゚Д゚)<苦しみから入って苦しみから出る
■024 ( ゚Д゚)<汚顔ヘヴン
■025 ( ゚Д゚)<虚栄が禁欲を研ぐ
■026 ( ゚Д゚)<虚栄が禁欲を研ぐ2
■027 ( ゚Д゚)<our hate is plastic
■028 ( ゚Д゚)<不満足の味
■029 ( ゚Д゚)<悪魔にしかできない芸当
■030 ( ゚Д゚)<A terrible beauty
■031 ( ゚Д゚)<黄金のおでき
■032 ( ゚Д゚)<人間の弱点
■033 ( ゚Д゚)<わたしを殺す
■034 ( ゚Д゚)<わたしを殺す2
■035 ( ゚Д゚)<Re: わたしを殺す
■036 ( ゚Д゚)<アドルノなんてララーラーララララーラー
■037 ( ゚Д゚)<ばらばらぼろぼろ
■038 ( ゚Д゚)<グレー以上グレー以下
■039 ( ゚Д゚)<ドラマトゥルク……とぅるく?
■040 ( ゚Д゚)<ダイアローグ……ろーぎゅ?
■041 ( ゚Д゚)<愛と自己破壊
■042 ( ゚Д゚)<愛することを学ぶ
■043 ( ゚Д゚)<自分を味方につけるべき
■044 ( ゚Д゚)<ロクな死にかた
■045 ( ゚Д゚)<ビジネスへの忠義立て
■046 ( ゚Д゚)<右翼を抱きしめて
■047 ( ゚Д゚)<Re: 右翼を抱きしめて
■048 ( ゚Д゚)<政治ってなんだろ
■049 ( ゚Д゚)<感情的な真実
■050 ( ゚Д゚)<この世ならざるもの
■051 ( ゚Д゚)<回帰しつづける泣き言
■052 ( ゚Д゚)<泣き言の燃焼
■053 ( ゚Д゚)<ぬるいフォン・ド・ヴォー
■054 ( ゚Д゚)<情念と哲学
■055 ( ゚Д゚)<情念と哲学2
■056 ( ゚Д゚)<羨ましいほど苦しんでる
■057 ( ゚Д゚)<わたしのなかの子ども
■058 ( ゚Д゚)<子供人間
■059 ( ゚Д゚)<青春の要件
■060 ( ゚Д゚)<詩
■061 ( ゚Д゚)<俳句
■062 ( ゚Д゚)<小説
■063 ( ゚Д゚)<文学やろうぜ
■064 ( ゚Д゚)<弱者を名付けない
■065 ( ゚Д゚)<秘密の数だけ邪悪になれるよ
■066 ( ゚Д゚)<嫉妬があなたを愛する
■067 ( ゚Д゚)<喝采の値打ち
■068 ( ゚Д゚)<嫉妬をにくんで恋をにくまず
■069 ( ゚Д゚)<微視的トラウマ
■070 ( ゚Д゚)<あなたの死の想い出
■071 ( ゚Д゚)<逃げるように歌う
■072 ( ゚Д゚)<可能性感覚
■073 ( ゚Д゚)<可能性感覚2
■074 ( ゚Д゚)<物語感覚
■075 ( ゚Д゚)<快楽を信じない
■076 ( ゚Д゚)<もうおちりしか愛せない
■077 ( ゚Д゚)<愛するふりを学ぶ
■078 ( ゚Д゚)<春の訪れを拒め
■079 ( ゚Д゚)<悪い魔法使い
■080 ( ゚Д゚)<傷だけが説得力を持つ2
■081 ( ゚Д゚)<失愛のプロ2
■082 ( ゚Д゚)<思想小説空間
■083 ( ゚Д゚)<好きだけどただ好きだというだけ
■084 ( ゚Д゚)<戦後的ゾンビ
■085 ( ゚Д゚)<パッション
■086 ( ゚Д゚)<I wish I could die.
■087 ( ゚Д゚)<世界がライヴァルで満たされたら
■088 ( ゚Д゚)<人間関係のディスクール
■089 ( ゚Д゚)<普通であることの難しさ
■090 ( ゚Д゚)<普通であることの難しさ2
■091 ( ゚Д゚)<普通であることの難しさ3
■092 ( ゚Д゚)<普通であることの難しさ4
■093 ( ゚Д゚)<普通であることの難しさ5
■094 ( ゚Д゚)<普通であることの難しさ6
■095 ( ゚Д゚)<百年ぶりの夏
■096 ( ゚Д゚)<文体における逆説
■097 ( ゚Д゚)<不条理なんてどこにもない
■098 ( ゚Д゚)<思考は腐る
■099 ( ゚Д゚)<嫉妬の格子
■100 ( ゚Д゚)<My Father, My Elements
■101 ( ゚Д゚)<ロクな死にかた2
■102 ( ゚Д゚)<ためされる世界愛
■103 ( ゚Д゚)<Re: ためされる世界愛
■104 ( ゚Д゚)<誠実の値段
■105 ( ゚Д゚)<生きるための仮説
■106 ( ゚Д゚)<蛇の道はヘヴィ
■107 ( ゚Д゚)<ありがとう
■108 ( ゚Д゚)<愛することを学ぶ2
■109 ( ゚Д゚)<外向的な恥ずかしさ
■110 ( ゚Д゚)<無意識を読む
■111 ( ゚Д゚)<精神を見る
■112 ( ゚Д゚)<現実を見ない
■113 ( ゚Д゚)<問題提出の問題
■114 ( ゚Д゚)<美徳と悪徳の至る場所
■115 ( ゚Д゚)<人間の弱点2
■116 ( ゚Д゚)<神の仮死
■117 ( ゚Д゚)<暗闇のなかで子供
■118 ( ゚Д゚)<媒介の消失
■119 ( ゚Д゚)<小説という抽象機械
■120 ( ゚Д゚)<骨肉相食め
■121 ( ゚Д゚)<徹底的作為
■122 ( ゚Д゚)<幸福になる気がまるでない2
■123 ( ゚Д゚)<人間のようなもの
■124 ( ゚Д゚)<恋人-兄弟
■125 ( ゚Д゚)<二千年の犠牲
■126 ( ゚Д゚)<仮想敵としてのセックス
■127 ( ゚Д゚)<死の代行
■128 ( ゚Д゚)<真夏の貞淑
■129 ( ゚Д゚)<革命家ラスコーリニコフ
■130 ( ゚Д゚)<嫉妬の弾丸
■131 ( ゚Д゚)<反フロイトの道具立て
■132 ( ゚Д゚)<魂の癌
■133 ( ゚Д゚)<高邁な魂(の癌)
■134 ( ゚Д゚)<未来を望まない情熱
■135 ( ゚Д゚)<金銭と労働
■136 ( ゚Д゚)<骨肉相食め2
■137 ( ゚Д゚)<自己肯定は甘え
■138 ( ゚Д゚)<世界の終わり
■139 ( ゚Д゚)<心の稟質
■140 ( ゚Д゚)<文体における逆説2
■141 ( ゚Д゚)<愛することを学ぶ3
■142 ( ゚Д゚)<心の稟質2
■143 ( ゚Д゚)<正しく生きる
■144 ( ゚Д゚)<生活は嘘
■145 ( ゚Д゚)<破壊は愛のタブロー
■146 ( ゚Д゚)<Re: 破壊は愛のタブロー
■147 ( ゚Д゚)<愛は破壊のタブロー
■148 ( ゚Д゚)<Re: 愛は破壊のタブロー
■149 ( ゚Д゚)<愛することを学ぶ4
■150 ( ゚Д゚)<強迫的社会 VS 反強迫的社会
■151 ( ゚Д゚)<権力童貞
■152 ( ゚Д゚)<時間の関節が外れている
■153 ( ゚Д゚)<孤立した鋭い正気
■154 ( ゚Д゚)<至言の極み
■155 ( ゚Д゚)<まわりくどい恋慕
■156 ( ゚Д゚)<新世紀禁欲
■157 ( ゚Д゚)<Japanese Spinoza
■158 ( ゚Д゚)<末期文学病
■159 ( ゚Д゚)<末期少女病
■160 ( ゚Д゚)<禁欲衝動
■161 ( ゚Д゚)<小説への挑戦状
■162 ( ゚Д゚)<死にたい
■163 ( ゚Д゚)<死なない
■164 ( ゚Д゚)<死なない/生きない
■165 ( ゚Д゚)<心の稟質3
■166 ( ゚Д゚)<詩の毒
■167 ( ゚Д゚)<事故で世界が回っている
■168 ( ゚Д゚)<細部の悪魔
■169 ( ゚Д゚)<長篇小説は二度死ぬ
■170 ( ゚Д゚)<革命があるとすればそれは
■171 ( ゚Д゚)<概念を壊す
■172 ( ゚Д゚)<神秘主義を炙り出す
■173 ( ゚Д゚)<正解一歩手前の間違い
■174 ( ゚Д゚)<反悲劇
■175 ( ゚Д゚)<軽蔑=恋愛
■176 ( ゚Д゚)<恋愛=原罪
■177 ( ゚Д゚)<人生とは名ばかりの
■178 ( ゚Д゚)<Black Summer
■179 ( ゚Д゚)<2.26
■180 ( ゚Д゚)<何も共有できない
■181 ( ゚Д゚)<過去に学ぶのもほどほどに
■182 ( ゚Д゚)<道徳を憎む道徳
■183 ( ゚Д゚)<快楽より苦痛のほうが信頼に足る
■184 ( ゚Д゚)<勝利ゆえの不感症
■185 ( ゚Д゚)<深く長く
■186 ( ゚Д゚)<静かに冷ややかに
■187 ( ゚Д゚)<孤独のデザイン
■188 ( ゚Д゚)<自分を責めすぎない
■189 ( ゚Д゚)<鏡のなかを墜落していく
■190 ( ゚Д゚)<見ろ
■191 ( ゚Д゚)<見られろ
■192 ( ゚Д゚)<感情的な真実2
■193 ( ゚Д゚)<良い子の吐息
■194 ( ゚Д゚)<言語体系の不幸
■195 ( ゚Д゚)<小説だけが吐く嘘
■196 ( ゚Д゚)<記憶の轟音
■197 ( ゚Д゚)<比喩の水先案内人
■198 ( ゚Д゚)<Re: 比喩の水先案内人
■199 ( ゚Д゚)<夜の森
■200 ( ゚Д゚)<透明な嘘
■201 ( ゚Д゚)<抽象かつ具象
■202 ( ゚Д゚)<幸福の汚れ物
■203 ( ゚Д゚)<存在の劣悪
■204 ( ゚Д゚)<カラマゾフ万歳
■205 ( ゚Д゚)<総合、それでもなお
■206 ( ゚Д゚)<Re: 総合、それでもなお
■207 ( ゚Д゚)<至言の極み2
■208 ( ゚Д゚)<居場所潔癖症
■209 ( ゚Д゚)<明けましておめでとうございます(悲劇)
■210 ( ゚Д゚)<Re: 明けましておめでとうございます(悲劇)
■211 ( ゚Д゚)<文体における逆説3
■212 ( ゚Д゚)<低徊趣味
■213 ( ゚Д゚)<他者のいない世界
■214 ( ゚Д゚)<まるでセックスしたくない
■215 ( ゚Д゚)<矛盾と分裂の違い
■216 ( ゚Д゚)<Lubricate us with mucus.
■217 ( ゚Д゚)<それは嘘だ
■218 ( ゚Д゚)<真実を突き放す
■219 ( ゚Д゚)<悪の感染症
■220 ( ゚Д゚)<行動のための倫理
■221 ( ゚Д゚)<時熟
■222 ( ゚Д゚)<Re: 時熟
■223 ( ゚Д゚)<Re: Re: 時熟
■224 ( ゚Д゚)<抽象かつ具象2
■225 ( ゚Д゚)<コミュニケーションもどき
■226 ( ゚Д゚)<身体がこの世から消えないうちに
■227 ( ゚Д゚)<若さの痕跡
■228 ( ゚Д゚)<最後の一歩
■229 ( ゚Д゚)<正気になるための覚悟
■230 ( ゚Д゚)<うちの座長が言うことには
■231 ( ゚Д゚)<うちの座長が言うことには2
■232 ( ゚Д゚)<うちの座長が言うことには3
■233 ( ゚Д゚)<うちの座長が言うことには4
■234 ( ゚Д゚)<環境と殺生
■235 ( ゚Д゚)<謝罪文学
■236 ( ゚Д゚)<孤立した鋭い正気2
■237 ( ゚Д゚)<せめて書くことの抵抗を
■238 ( ゚Д゚)<誠実の値段2
■239 ( ゚Д゚)<さんせりて



PR