忍者ブログ

Lubricate us with mucus. ──2nd season 人間将棋編

   汝自己のために何の偶像をも彫むべからず

( ゚Д゚)<最後の観光

「夜、雪道での襲撃。様々なイメージが常に錯綜する。大体こんな風に。この世界における状況は恐るべきものだと言えるかもしれない──ここ、シュピンドラーミューレにたったひとり、それも、闇と雪の中に絶えず踏み迷う、見捨てられた道で、さらに言えば、地上のどこにもたどりつかない、意味の無い道(それは橋に通じるというのか。なぜそこに? 大体、僕は一度もたどりついたことはない)にあって。その上、この場所に僕もまた見捨てられて(医者が僕個人にとって救いだとは思えない。僕は自分の人徳で医者を得たわけではない。実際、医者とは謝礼を支払うだけの関係しか持ち合わせていないのだ)。誰とも知り合いになれず、付き合いを引き受けることもできず、楽しげな世間や、子供連れの親たちを前に、果てしない驚きでいっぱいになっている(もちろんホテルでは、それほど楽しそうというわけではない。それは僕が「あまりに暗い翳を背負った男」だからで、僕がその元凶なのだ、とまでは言うまい。実のところ、僕の翳は暗すぎるのだが、しかしこの翳の中で、まさにその中で「何としてでも」生きようとする者たちの強靭さと粘り強さを、僕は新たな驚きをもって確かめている。しかしここには、まださらに、語るべき別のことが付け加わるのだ)。しかも、僕はここだけではなく、至るところで、「生まれ故郷」であるプラハにおいてさえ見捨てられているのであり、それも単に人々から見捨てられているだけではない。それだけなら最悪というわけではないし、生きている限りは僕が彼らの後を追いかけることもできる。それだけではなく、人々と関わる自分から、人々と関わる自分の力から見捨てられているのである。僕は愛してくれる人々に感謝している。しかし僕には愛することはできない。僕はあまりに遠いところに、締め出されているのだ。それでも僕は人間であり、その根が栄養を求めているがゆえに、僕はあの「下方」に(あるいは高みに)、僕の分身たち、哀れで不充分な道化者たちを抱えることになる。しかし僕には彼らで充分なのだ(実際はいかなる意味においても充分ではなく、僕がこんなにも見捨てられているのはそのためなのだ)、僕の主たる栄養は別の大気中の別の根から摂取されているという、ただそれだけの理由から充分であるのだが。これらの根もやはり哀れなものだが、生きる力において上回っているのだ。こうしたことが僕を様々なイメージの錯綜へと導く。もしすべてが雪道で見えた通りであったなら、恐るべきことだろう。僕はそれを、脅迫としてではなく、即時の処刑であると理解して、破滅してしまったかもしれない。しかし僕は他処にいる。ただ、人々の世界の誘引力は途方もない強さで、瞬時にすべてを忘れさせることができるのだ。しかし、僕の世界の誘引力もまた力強いものであり、僕を愛してくれる人々は、僕が「見捨てられている」がゆえに僕を愛してくれるのだが、それはおそらくヴァイス〔エルンスト・ヴァイス。カフカと親交のあった作家〕の真空のように見捨てられているからではなく、幸福なひとときには、ここでは完全に僕に欠けている行動の自由を、僕が別の次元で手にしていることを彼らが感じ取っているからなのである。」
(フランツ・カフカ『日記(一九二二年一月二十九日)』)
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
trounoir
性別:
非公開

P R