忍者ブログ

Lubricate us with mucus. ──2nd season 人間将棋編

   汝自己のために何の偶像をも彫むべからず

( ゚Д゚)<inspirationism

「悪くはないが、生気がない。血の流れが薄く、心臓からの距離が遠い。なかなか悪くない場面がいくつか頭に浮かんではいるのだが、止めることにする。昨夜、寝入りばなに初めて、白馬の姿が現れた。まるで、壁に向かって寝ているぼくの頭から踏み出してきて、ぼくを飛び越しベッドの下へ飛び降りて、そのまま姿を消したかのような感じだった。いま書いた出だしでは、そっちの場面を圧倒するという具合には、残念ながら行かない。」
(フランツ・カフカ『日記(一九一四年)』)
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
trounoir
性別:
非公開

P R